女医さんをセックスパートナーにして淫ら美味しい生活をしよう

千葉県 千葉市 おねだり君(27歳 男性)の体験談投稿

逆援助交際という言葉があるが、今俺は地元千葉市内にある某総合病院で勤務医(内科・小児科)をしている女医さんとそれに近い関係にある。

お金をもらって彼女とセックスしてあげているわけではないが、たまにお小遣いをねだると「しかたないわね」と言ってまとまったお金を都合してくれるのだ。

お金持ちなので、その点融通がきく。

彼女と知り合ったのは出会い系だが、最初から女医さんをセックスパートナーにしようと思ったわけではない。

セフレを見つけるなら少しでも早くセックスさせてくれる欲求不満とストレスのたまった女がいいと思い、掲示板の内容やメールのやりとりから判断し、結果としてその女医さんがセックスパートナーとして落ち着いたわけだ。

彼女が医師であることは最初のデートのときにわかったことで、メールのやりとりの中で彼女はいっさい自分が医師であることを口外しなかった。

「私はイライラして仕事をミスると大変な結果を招く職業についています」

仕事に関する情報はこの程度だった。

彼女は国立大学の医学部を出た才女だが、親が開業医なわけではないので、勤務医の道を歩むしかなく、病院を掛け持ちで医師としてのキャリアを積むべく努力を続けた結果、待っていたのは男に縁のない生活で、31歳にして処女であることに気づいた。

これではあまりに寂しいと思った彼女は出会い系に登録して男と遊ぶようになり、32歳で高齢処女を捨てたらしい。

その後は経験不足からたちの悪い男に引っかかったりしたが、ようやく俺という自分にもっともふさわしいセフレを見つけることができたと彼女は言う。

年下だけに癒されるし、セックスも上手だし、一緒にいて不満はないという。

俺もお小遣いをもらえて安月給を補てんできるし、デート代ホテル代は全て彼女持ちだし不服はない。

体調が悪くなったら無料で診てもらえる。

この前高熱が出たのでインフルエンザじゃないかと疑ったが、聴診器を胸に当てて喉を見ただけで「その心配はないわ・・・知恵熱か恋の病ね」と笑われ、病院に行かず一晩寝たら本当に熱が下がった。

彼女が望むなら一生セフレでいてもいいと考えている。

いっそ逆玉の輿に乗ろうかとも思ったが、彼女には当面結婚する気がないらしく、結婚するにしても一緒に仕事ができる開業医がいいと言っていたので、それは不可能。

なるべく長い時間彼女のセフレをやって、淫らで美味しい生活を味わいたいと思っている。

優良老舗”超出会える系”

ワクワクメールは出会えると評判の出会える系コミュニティサイト
遊びたい!Hに興味心身な女子大生から刺激が欲しい!浮気願望のある人妻さん達がリアルにあなたからの連絡を待っています!
アナタのお住まいの地域の今から会える女性を今すぐ無料で検索!>>サイトにアクセス