俺の趣味はセックス好きなおバカ系女子大生で抜くこと

神奈川県 相模原市 肉坊主さん(44歳 男性)の体験談投稿

少子化の影響か、いわゆる有名大学と呼ばれる大学でなければ、誰でも「大学」と名の付く学校に行けるらしい。

これで良いのか悪いのか議論が別れるところだが、少なくとも俺のような女子大生好きの中年男にとっては好都合。

なぜなら精神年齢が低い無節操な女も女子大生になれるので、比較的即マン率の高いおバカ系女子大生を見つける可能性が高くなるからだ。

無節操な女は大学という名のオアシスで男を求めてさまよい歩くも、まともな男は彼女たちを相手にしないから出会い系に登録せざるをえなくなり、そこで向こう見ずな性の変遷をとげ、男にモテない状態を継続させながら、少しずつセックス好きな女に成長していく。

日本の大学は入るのが難しく出るのは簡単な場所だから勉強する必要もなくセックスにのめりこみ、どんどんおバカ系女子大生のセックス好き度が増していく。

そこで俺の登場だ。

俺はおバカ系女子大生を見つけると、40代男の余裕を見せながら言葉巧みに誘惑する。

セフレのターゲットは同世代の若い男と考えている彼女たちは意外な年代の出現に面食らうが、断る理由もないのと思うのか、愛らしく受け答えてくれる。

俺もセックス好きですぐにでもネットナンパしたいところだが、まずは聞き上手な男を演じ、女性主体のネット会話を充実させ、少しずつ彼女の信頼を得ていく。

「40代のおっさんでもいい? 付き合ってくれる?」

「いいよ、おじさん優しそうだし」

そしてデートに持ち込み、体をいただくという算段だ。

おバカでも女子大生は女子大生であり、体はむっちりして新鮮だし、きれい系清楚系女子大生と遜色ない。

少々いい女ならそのままセフレにして抜きたくなったら呼び出してセックスする。

三日前も横浜にある大学に通っているというド派手でよく喋るうるさい女子大生をネットナンパしてセックスに持ち込んだ。

国文学を専攻している文学部の三年生らしいが、あの歴史的文学作品「こころ」の作者が芥川龍之介で「源氏物語」が江戸時代の作品だと思っていたらしいから相当なもの。

その事実を知ったとき、これは確実にヤレると思った。

予想した通り即マンOKで、会って2時間後にはホテルで騎乗位プレイを楽しんでいた。

スレンダーでいい体をしていてセフレにしようかと思ったが、その日で別れたのはアソコが臭かったからだ。

考えてみたらおバカ系女子大生はアソコの臭い女が多い。

性病に罹っている可能性もあるからコンドームは必需品だ。

mile.bz - mile Resources and Information.

This Domain Name Has Expired - Renewal Instructions.