清楚な人妻バスガイド。初めての浮気相手探し。

愛にゃんさんからの体験談投稿 主人と知り合ったのは、19歳の時でした。私はバスガイドをやっていて、研修を兼ねた補助を外れ、初めて1人で乗車した時です。主人の会社が私の会社のバスで慰安旅行。そのバスのガイドが私でした。主人の一目惚れ…告白され交際が始まりました。何度もデートし、交際3ヶ月後に抱いてもらいました。初めてのHでした。主人は会えばセックス、という人じゃない。ですが、それが普通だと思ってたし、幸せでした。23歳で結婚。結婚後1年もすると夜の夫婦生活もどんどん減っていく。お互い忙しかったり、時間が合わずすれ違いもあり、ここ3年営みはありません。時々私から求めるのですが、主人は全く私を抱こうとしてくれない。どうにかオナニーで紛らわせてましたが、もう限界。バスに乗車してて、素敵な男性が乗ってたり、学生の修学旅行では、可愛らしい男の子に夜犯されたい…なんてことを妄想し始めてた。セックスフレンドを探して、身体の火照りを静めてもらおうと思い立ちました。初めて会う人とその日にセックスするなんて、今まで考えても無かったし、そういうのは不潔だと思ってました。でも我慢できずに、出会い系に登録し、本気で浮気相手探しを始めてしまいました。まだ30歳前の人妻…私を抱きたいと言う男性は多く、その中で良いなって思える方を見つける事が出来ました。私の休日である平日…昼間に待ち合わせました。一回り年上で、渋い人でした。エスコートもスマートで、まずはお茶をして、お互いの事を語り合いました。そして2時間後にはホテルに入り、優しい愛撫を全身に受けていました。出会って2時間後にはセックスしてる。その只身体だけを求めるセックスの快感を私は覚えてしまいました。彼との出会いは成功といえるでしょう。その後もセックスフレンドとして、身体を開発されていきました。私の中で性に対して何かが変わりました。もっと、もっとHを知りたい!もっと刺激あるセックスを身体が求め始めていたんです。浮気相手探しを再開しました。次に出会った方はS男性。最初こそ怖かったけど、徐々に縛られての調教や露出での辱めが快感になっていました。ご主人様もセックスに縁の無さそうな私の外見とのギャップに調教しがいがあると行ってくださってる。先月、珍しく主人が求めてきました。3年ぶりの夫婦のセックス。でも、感じないんです。前までは主人に抱かれるだけで感じてたのに…演技で感じる振りをしてました。たった20分程度のセックス…あっという間に終わる。膣からは主人の精液が溢れていました。先週、願望の一つを叶える事に成功しました。その日は高校の修学旅行の車両への乗車でした。ご主人様の命令もあり、ずっと下着を付けずにいました。男子生徒からは「あのバスガイド、もしかしてノーブラじゃ…?」そんなヒソヒソ話。ちょっとヤンチャそうな男の子2人が、夜部屋に遊びに行きたいと…。最終日、彼等はトランプを持って部屋に来ました。わざと浴衣にノーブラ、胸元を少し空け彼等を誘惑。我慢できなくなった彼等は私を押し倒し犯し始める。「あなた達、女初めてなの?」「欲しいのなら言いなさい、教えてあげるから」同時に2人の男の子の童貞を奪っちゃいました。何度も膣や口に射精していく男の子達でした。その子達とはメル友になり、将来またセックスしようねって約束してる。何人もセックスフレンドがいるのに、まだ物足りない。今は毎日男漁りしてる、淫乱女になってしまいました。